在校生からのメッセージ

​医療情報学科

医療情報学科2年

森 向日葵さん

​山田高等学校出身

私は高校生の頃はまだ、医療事務という仕事を知りませんでした。担任の先生に勧められた四国医療工学専門学校のオープンキャンパスに参加し、この仕事を知ることができました。特に、医師の代わりにカルテに入力したり、診断書などを書く「ドクターズクラーク」という業務に魅力を感じ、この職業を目指して日々頑張っています。

オープンキャンパスの際には、先生方が親身に質問に答えてくれたり、学校全体が明るく、この学校で医療事務について学びたいと思い、四国医療工学専門学校への進学を決めました。

学校では、資格取得に向け先生方が基礎から丁寧に教えてくれます。また、就職するために必要な礼儀やビジネスマナーについても学べます。

​今は、検定取得を目標に、日々勉強に取り組んでいます。初めて学ぶことばかりで大変ですが、友達と毎日楽しく、充実した学校生活を送っています。

森5.jpg

臨床工学学科

臨床工学学科3年

高橋 愛梨さん

​佐川高等学校出身

小さい頃から医療ドラマを見ていた私は、医療の現場で働くことに強い憧れを抱いていました。

高校生の時に、先生に四国医療工学専門学校の臨床工学学科を勧めていただきました。臨床工学技士という仕事をこの時初めて耳にしましたが、医療の現場には欠かせない医療機器の操作や保守点検など、陰ながら人の命を救う仕事をしているのだと知りました。臨床工学技士の資格取得をするなら、カリキュラムも充実しており国家試験の合格率が100%という実績をもった四国医療工学専門学校がいいと思い、入学を決めました。

入学してから感じたことは、挨拶や礼儀礼節の指導に力を入れており、人として成長できる場所だということです。勉強面では学んだ事のない専門分野に戸惑うこともありますが、分からないところは先生が親身になって詳しく教えてくださります。周りの友達からも教えてもらったり、息抜きでお話したりと本当に充実した学校生活が送れています。

​2年生の夏にはME試験や、3年生では病院実習や国家試験も控えており、今まで以上に努力しなければなりませんが、みんなで助け合いながら勉強に励んでいきたいと思います。

高橋1.jpg